リルピビリン 添付文書 pdf

リルピビリン 添付文書

Add: ucykyhu75 - Date: 2020-12-07 08:16:10 - Views: 7379 - Clicks: 8753

5mg(リルピビリンとして 25mg)、テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩300mg (テノホビル ジソプロキシルとして245mg)、エムトリシ タビン200mg含有 一般 名 リルピビリン塩酸塩: 和名:リルピビリン塩酸塩(JAN). NRTI×2剤+NNRTI×1剤 今回ご紹介するオデフシィ配合錠は上記の「NRTI×2剤+NNRTI×1剤」として使用できる薬剤です。 これらの多剤併用療法を原則、一生涯行うことでAIDSで死亡することはほとんど無くなったと言われています。. 組成・性状 3. リルピビリン塩酸塩 (エジュラント) リルピビリン塩酸 塩の作用を減弱す るおそれがある。 本剤の胃酸分泌抑 制作用により、胃 内pHが上昇し、リ ルピビリン塩酸塩 の吸収が低下し、リ ルピビリンの血中 こと。.

アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の患 者10. 販売名 エジュラント錠25mg 有効成分 (1錠中) リルピビリン塩酸塩27. NRTI×2剤+INSTI×1剤 2. 添付文書; 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。. 通常,成人には1回1錠(リルピビリンとして25mg,テノホビル ジ 300mg及びエムトリシタビンとして 200mgを含有)を1日1回食事中又は食直後に経口投与する。 効能又は効果 感染症HIV-1 承認条件 リルピビリン 添付文書 pdf 1. 医薬品リスク管理計画を策定の上,適切に実施すること。 2.. 65mg デカドロン注射液 3.

リルピビリン塩酸塩 エジュラント: リルピビリン塩酸塩の作用を減弱するおそれがある。 本剤の胃酸分泌抑制作用によりリルピビリン塩酸塩の吸収が低下し、リルピビリンの血中濃度が低下することがある。. リルピビリン(エジュラント)、リルピビリン・テノホビル ジソプロキシル・エムトリシタビン(コムプレラ配合錠)リルピビリンの代謝が促進され血中濃度が低下する恐れがある(本剤の肝薬物代謝酵素(cyp3a)誘導作用による)。. 1参照 組成・性状 組成 販売名 タケキャブ錠10mg タケキャブ錠20mg 有効成分 1錠中 ボノプラザンフマル酸塩13.

引用:ワコビタール坐剤添付文書 併用禁忌だけで大量にありますが、基礎疾患がない子どもの風邪などで頻回に処方されるような薬はありません。 併用注意とされている薬も多くありますが、その中でも特に併用するケースが多そうな薬だけピックアップ. See full list on medicalcampus. 核酸系逆転写酵素阻害剤(NRTI) 2. Dolutegravir Sodium ・ Rilpivirine Hydrochloride 含有量 ( 1錠中) ドルテグラビルナトリウム. ミニリンメルト: 低ナトリウム血症が発現するおそれがある。 機序不明: リルピビリン塩酸塩 エジュラント リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン オデフシィ.

1 組成 販売名 デカドロン注射液 1. インテグラーゼ阻害剤(INSTI) 初回治療の組み合わせとしては、以下のいずれかが患者さんの適正に併せて推奨されています。 1. 2 製剤の性状. HIVの感染経路には以下の3つが知られています。 1. リルピビリン 添付文書 pdf 非核酸系逆転写酵素阻害剤(NNRTI) 3. オデフシィ配合錠と同じく「NRTI×2剤+NNRTI×1剤」を配合した薬剤としてコムプレラ配合錠があります。 有効成分も下表の通り、ほぼ同じです。 今後は使い分け等が検討されれば興味深いと感じます。 リルピビリン 添付文書 pdf 以上、今回はHIVとオデフシィ配合錠の作用機序についてご紹介しました。. 相互作用 現行通り (1)併用禁忌(併用しないこと) 薬剤名等 臨床症状・措置方法機序・危険因子 ボリコナゾール (ブイフェンド).

62mg(ドルテグラビルとして 50mg) リルピビリン塩酸塩. 2).リルピビリン塩酸塩<経口><エジュラント>リルピビリン塩酸塩の作用を減弱する恐れがある(本剤の胃酸分泌抑制作用によりリルピビ. リルピビリン塩酸 塩の作用を減弱す るおそれがある 。 機序・危険因子 本剤の胃酸分泌抑 制作用によりアタ ザナビル硫酸塩の 溶解性が低下し 、 アタザナビルの 血 中濃度が低下する ことがある 。 本剤の胃酸分泌抑 制作用によりリル ピビリン塩酸塩の. pdf タケキャブ錠20mg(一般名:ボノプラザンフマル酸塩錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経.

シルカ)、リルピビリンを投与中の 患者〔これらの薬剤の血中濃度が 減少するおそれがある。〕 1. 2参照〕リルピビリン塩酸塩の作用を減弱するおそれがある(ボノプラザンの胃酸分泌抑制作用によりリルピビリン塩酸塩の吸収が低下し、リルピビリンの血中濃度が低下する可能性がある)。 併用注意:. 重篤な血液障害のある患者〔副作用として血液障害が報告されており、血液の異常を更に悪化させるおそれがあ る。.

2 本剤とリファブチンを併用する場合は、リルピビリン製剤を 1回25mg1日1回併用すること。なお、リファブチンの併用を中 止した場合は、リルピビリン製剤の投与を中止すること。. ただし、リルピビリンを 追加投与する必要がある場合を除く。5. 1 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 * 2. 2 自主改訂 項 目 内 容 該当薬剤 該 当 ペ ー ジ エ ピ ビ ル エ プ ジ コ ム コ ン ビ ビ ル ザ イ ア ジ ェ ン ジ. 5mg(リルピビリンとし て25mg)含有 添加剤 乳糖水和物、クロスカルメロースナトリウム、ポ ビドン、ポリソルベート20、結晶セルロース、軽 質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、マク ロゴール4000、ヒプロメロース、トリアセチン、 酸化チタン.

アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の患者(「相 互作用」の項参照) ※※年10月改訂 (第17版) ※年3 月改訂osxsv-1- ※ ※. 5mg (リルピビリンとして25mg)含有 一般 名 和名:リルピビリン塩酸塩(JAN) 洋名:Rilpivirine Hydrochloride(JAN) 製造販売承認年月日 薬価基準収載・発売年月日 製造販売承認年月日:年5月18日 薬価基準収載年月日:年5月29日. HIV感染症は早期に行うことで、AIDSの発症までの期間を延長することができます。 ただし、HIVを完治させることは現代医学では難しいとされています。 主に使用される薬剤には以下の種類があり、これらを適宜併用した多剤併用療法が基本です。 1. リルピビリン及びテノホビル アラフェナミドの血中濃度が低下することがある。 機序・危険因子 本剤の肝薬物代謝酵素(CYP3A)及びP糖蛋白誘導による。. 膜融合阻害剤 5. オデフシィ配合錠は逆転写酵素阻害剤(核酸系+非核酸系)を配合した薬剤です。 前述のウイルスの逆転写酵素を阻害することで、二本鎖DNAが合成できなくなり、その後の反応が全てストップします。 このような作用機序によってHIVの増殖を抑制するのがオデフシィ配合錠です。. 本剤全身投与(但し単回投与の場合を除く)の患者:リルピビリン塩酸塩投与中、rpv・taf・ftc投与中(リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン)、ドルテグラビルナトリウム・リルピビリン塩酸塩投与中。. pdfファイル.

リルピビリン塩酸塩、リルピビリン塩酸塩・テノホビ ル アラナフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン、 ドルテグラビルナトリウム・リルピビリン塩酸塩 10. リルピビリン 添付文書 pdf 2).リルピビリン塩酸塩<服用><エジュラント>リルピビリン塩酸塩の作用を減弱する恐れがある(本剤の胃酸分泌抑制作用により、胃内pHが. リルピビリン リルピビリン 添付文書 pdf (エジュラント) リルピビリン・テノホビル ジソプロキシル・エムトリシタビン (コムプレラ配合錠) リルピビリンの血中濃度が低下することがある。 本剤の肝薬物代謝酵素(cyp3a)誘導作用による。. プロテアーゼ阻害剤(PI) 4.

AIDS(エイズ)という言葉は一度は耳にしたことがあると思います。 正式名称は「後天性免疫不全症候群(Acquired immune deficiency syndrome:AIDS)」と呼ばれ、体内の免疫細胞が破壊されて後天的に免疫不全を引き起こす疾患です。 AIDSを引き起こす原因とされているウイルスが「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」です。 HIVに感染して数年の潜伏期間(無症状)を経た後にAIDSが発症すると言われています。 AIDSを発症すると全身倦怠感、体重の急激な減少、咳、発熱、発疹、といった風邪のような症状を呈します。 その後、普通では感染しないような日和見感染症(例:ニューモシスチス肺炎、カポジ肉腫、サイトメガロウイルス感染症)を合併し、生命に危機を及ぼします。. エジュラント錠25mg(一般名:リルピビリン塩酸塩錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経. NRTI×2剤+PI×1剤+リトナビル(PI) リルピビリン 添付文書 pdf 3. 00円) 算定方式等は以下の記事をご覧ください。 >>【新薬:薬価収載】9製品(年8月29日)と用法用量変化再算定.

リルピビリンを投与中の患者これらの薬剤の 血中濃度が減少するおそれがある。(「相互作用」 の項参照) 5.略 3. 5mg(リルピビリンとして25mg)含有 添加物 乳糖水和物、クロスカルメロースナトリウム、ポビドン、ポリソルベート20、結晶セルロース、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、マクロゴール4000、ヒプロメロース、トリアセチン、酸化チタン. リルピビリン塩酸塩投与中. 本剤は効果発現が緩徐であるため、緊急の治療を. 母子感染 HIVは一本鎖RNAを持つレトロウイルスで、単体では増殖できません。 従って、ヒト等の動物の細胞内に感染して増殖を行います。それではここから増殖メカニズムについてご説明します。.

3mg デカドロン. ル・リルピビリ ン ジャルカ配合 錠 ドルテグラビル及び リルピビリンの血中 濃度が低下すること がある。 本剤の肝薬物代謝酵 素(cyp3a)誘導作用 リルピビリン 添付文書 pdf 及びugt1a1誘導作 用による。 (2)併用注意(併用に注意すること) 薬剤名 臨床症状・措置方法 機序・危険因子. 薬価収載時点(年8月29日)の薬価は以下の通りです。 1. 5mg(リルピビリンとして25mg)、 テノホビル アラフェナミドフマル酸塩28mg(テノホビル アラフェナミド として25mg)、エムトリシタビン200mg含有 一 般名 リルピビリン 添付文書 pdf リルピビリン塩酸塩 和名:リルピビリン塩酸塩(JAN). 2 * 次の薬剤を使用中の患者:デスモプレシン酢酸塩水和物(男性における夜間多尿による夜間頻尿)、リルピビリン塩酸塩、リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン、リルピビリン塩酸塩・テノホビル.

2参照 リルピビリン塩酸塩の作用を減弱するおそれがある。 本剤の胃酸分泌抑制作用により、胃内pHが上昇し、リルピビリン塩酸塩の吸収が低下し、リルピビリンの血中濃度が低下することがある。. リルピビリン塩酸塩、リルピビリン塩酸塩・テノホ ビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビ ン、ドルテグラビルナトリウム・リルピビリン塩酸 塩(「3.相互作用」の項参照) 【原則禁忌(次の患者には投与しないことを原則とす. リルピビリン 塩酸塩 (エジュラン ト) リルピビリン塩酸 塩の作用を減弱す るおそれがある。 本剤の胃酸分泌抑制作 用により、胃内pHが上 昇し、リルピビリン塩酸 塩の吸収が低下し、リ ルピビリンの血中濃度 が低下することがある。 こと。-. 医療用医薬品の添付文書等の記載要領の留意事項について (平成29年6月8日付 薬生安発0608第1号 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知) 1. 組成・性状 3.

リルピビリン塩酸塩 (エジュラント) 2. 36mg (ボノプラザンとして10mg) 1錠中 ボノプラザンフマル酸塩26. ル・リルピビリン (ジャルカ配 合錠) これらの薬剤の血中 濃度が減少し作用が 減弱するおそれがあ る。 本剤の肝薬物代謝酵 素誘導作用によりこ れらの薬剤の代謝が 促進される。 ソホスブビル・ ベルパタスビル (エプクル-サ 配合錠) 本剤のP-gp及び代. ※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。 効果・効能 高カリウム血症。 (効能又は効果に関連する注意) 1.

リルピビリン 添付文書 pdf

email: byzole@gmail.com - phone:(970) 565-2571 x 8721

東京 キリスト教会 pdf - 守屋史章 filetype

-> 1719パンフレット1 pdf
-> マンガ デジタルデータ pdf 作り方

リルピビリン 添付文書 pdf - 合宿課題解説 filetype プレゼンテーション


Sitemap 1

Pdf 加工 する に は - Tikkina